愛媛で暮らそう!えひめ移住支援ポータルサイト e移住ネット

移住に関する お問い合わせ えひめ移住情報アラカルト
文字サイズ
  1. トップ
  2. 移住者インタビュー
  3. 松山の夕日に魅せられた一流パティシエが新たな暮ら…

移住者インタビュー

松山の夕日に魅せられた一流パティシエが新たな暮らしを求めて

松山市海暮らし起業子育て

三浦 哲也さん 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国最大の都市松山市。

松山城や道後温泉のある中心地から車で30分ほど北へ向かうと時間を超えたような風情ある港町、北条がある。

フランスで修業を積み、東京の人気菓子店で店長を務めたのち、松山市へ移住した三浦哲也さんに北条での暮らしについて伺った。

 

Q.まず移住を決めるまでの経緯を教えてください

松山市に来る前は東京で5年ほど店長として小さなマカロンのお店を任されていました。お陰様で少しずつ売り上げが増えていったのですが、お店の売り上げが増えていくと共に、オーナーが事業の拡大を検討していました。事業として規模を大きくすることは当然のことだと思います、ただ私としてはお店を大きく展開していくことで仕事の自由度が減っていくことに少しやりづらさを感じてしまって。そこで自分のお店を持ちたい!という気持ちがより強くなってきました。また当時子供も生まれたのですが、東京で子育てをしていくイメージがわかなかったのも大きなきっかけでした。

 

Q.なぜ移住先として選んだのが松山市だったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移住を考える前までは松山市とは縁も所縁もありませんでした。しかし、中学時代からの友人が松山に以前暮らしており、その時彼から松山の写真が送られてきたのですが、その写真に写っていた松山の夕日がとても綺麗でずっと心に残っていました。その後夫婦で移住を考え始めたときに、あの時の写真に写る夕日をふと思い出したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時初めて松山に興味が出てきました。(笑)それから自分達で愛媛県の移住セミナーなどに参加してみたり、実際に一度松山市まで足を運んだりして移住先として相応しいか色々と調べていきました。

実際に現地に来て感じたのは、とても綺麗な海が町から近いこと、そして四季折々の食べ物やフルーツがとても美味しかったことです。またご近所にあるイエムラ珈琲の店主家村さんとの出会いも移住を決める大きなきっかけになりました。

 

Q.松山市に移住されて良かったことは?

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄やハワイのように、絵にかいたような観光地ではありませんが、適度に田舎で買い物もしやすく自分たちが理想とする暮らしを営んでいくには丁度良い環境と感じています。私たち夫婦の理想であった海が近い暮らしも今実現できて満足しています。また地元の人達とのつながりも強くご近所さんに助けられることも多くあります。以前あこがれていた釣りもこちらにきてからずっと続けています。

 

Q.松山市は子育てしやすい環境ですか?

東京と比べると時間の流れが穏やかなので、家族三人で一緒にいる時間が増えました。また東京にいる頃よりも仕事のストレスが減り家族との時間を大切にできています。初めは新たな環境に家族全員がとまどい心配しましたが、今では子供も伸び伸びと過ごしていますよ。また医療機関も近くにあるので急に何かあってもすぐに受診できるのは心強いですね。

 

Q.実際に松山市で暮らしてみてご苦労されたことは?

移住してから初めの10か月間はお店の候補地がなかなか見つからないため、地元の郵便局でアルバイトをしていました。アルバイトをしながらお店の準備も同時に進めていましたので、当時は大変でした。仕事を辞めてすぐは、生活費の工面で色々と不安がありましたが、いつもサポートしてくれる妻から「心配しないで大丈夫」と言ってくれたので安心できました。

 

Q.初めての土地で自分のお店をオープンするまでにスムーズにいきましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めはなかなか良い土地が見つかりませんでしたが、同じ商店街の店主でもある家村さんが不動産業者が扱っていないような駅前の土地を地元の方と交渉してくれて、今の店舗を借りることができました。お陰様でお店がオープンしてから1、2カ月はとても忙しく休む暇もありませんでした。でもある日ふと東京にいた頃と変わらない生活を送っていた自分たちに気づきました。その時改めて自分の理想の暮らしを見つめ直し、今後の営業方針や家族のあり方について妻と話し合いました。

 

Q.三浦菓子店は週3日の営業ですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

東京で働いている頃は売上を上げることに必死でしたが、今は自分たちのペースでいいかと思えるようになりましたね。自分の店になったことが大きいと思います。あとは子供ができたことで、時間通りに進まなくてもあきらめることを学びました。出来るなら営業時間はもっと減らしたいですけどね(笑)

 

Q.今後の目標を教えてください

 

 

 

 

 

 

 

 

少数のお客様に対し、丁寧に対応したいです。また、無理してSNSなどを活用するのも辞めて、自分たちが暮らせる分だけ売り上げて、なるべく自分たちの時間を確保していくことです。奥さんもこれ以上無理しないでいいよ、と言ってくれるので。

 

Q.今後移住を考えている方へアドバイスをお願いします

自分のやるべきことがあると地域になじみやすいのではないでしょうか。自分にはお菓子作りがあったので、それをきっかけに知り合いが増えていきました。やりたいことを明確にしたほうがブレない移住ができると思います。

 

PROFILE

移住先エリア

移住先周辺の地図であり、正確な場所ではありません。

この記事の関連リンク

移住市町
松山市の紹介