愛媛で暮らそう!えひめ移住支援ポータルサイト e移住ネット

移住に関する お問い合わせ えひめ移住情報アラカルト
文字サイズ
  1. トップ
  2. 移住者インタビュー
  3. 豊かな蒋渕の海と人に魅了され、京都からIターン移住

移住者インタビュー

豊かな蒋渕の海と人に魅了され、京都からIターン移住

宇和島市海暮らし就職

s_01_amemori

宇和島市中心部から車で約1時間、のどかな風景が広がる蒋渕(こもぶち)の海に魅了され、雨森稔さん(51)は2015年3月末に京都市からIターン移住した。平日は郵便局に勤務し、休日には企業組合「こもねっと」のメンバーとして活動。こもねっとの運営する環境共生型六次産業施設「こもぶち うみのいえ こもてらす」のカフェで、持ち前の陽気な性格を生かして接客などを精力的にこなし、大忙しの日々を送っている。

Q蒋渕に移住するまでの経緯を教えてください

京都で自動販売機の設置業をしていました。8年前、妻の友だちが蒋渕に住むことになって、送ってもらった写真入りのはがきに蒋渕の美しい風景と魚がいっぱい写っていたんです。僕も妻も魚釣りが大好きで、京都に住んでいた時には舞鶴や三重に釣りに行っていました。蒋渕の写真を見て「行ってみたいね」となって、9月の連休を使ってこちらに来ました。それから何回か行き来して、友だちの家に泊まらせてもらったりしました。 その友人が5年前、今治市の大三島に引っ越しをすることになったんです。家が空くので「こんなにしょっちゅう来るんだったら、そのまま借りておかないか?」という話になりまして。結局、家を借りることになり、京都と行き来しているうちに、蒋渕のみなさんと仲良くなりました。

Q移住前から家を借りられていたんですね

はい。それで蒋渕の方に「こっちに引っ越してきませんか?」と誘われまして。いずれは移住したいと思っていましたが、その時はまだ46歳だったので、仕事もしたい。でも、年金をもらえるようになってからこっちに来てもしかたないので「仕事があれば、こちらに来させてください」という話をしました。2015年2月に宇和海郵便局の局長に「4月から人が足りないので、アルバイトですけど来ませんか?」と話をいただいて。週3、4日の勤務ですが、大変感謝しています。同時に、郵便局長がこもねっとの事務局長もされていたので、こもてらすでも働かせていただくことになったんです。こもてらすのオープンが3月29日だったので、それに合わせて27日まで京都で仕事をして、28日に蒋渕に来ました。

s_02_amemori
▲宇和海郵便局では窓口を担当

Q初めて蒋渕に来た時の第一印象は?

国道56号から車で40~50分かかり、正直遠いなと思いましたが、それ以外は好印象しかなかったですね。家を出てわずか1分ほどで魚を釣れる環境にある。小学生のころから釣りが好きで、舞鶴や若狭など日本海のほうに行っていましたが、そこの40年ぐらい前のいきいきとした海の環境が蒋渕には残っていると思います。欲しいものがすぐに手に入らないというのはありますが、別に生活に困るわけでもないですしね。テレビは置いていません。ラジオがあればいいし、インターネットやSNSでも情報は入りますから。みなさんには「こんな遠いところまで来られて大変でしょ?」と言われるんですけどね。家の前で魚を釣れることが楽しいんですよ。

s_03_amemori
▲のどかな空気が流れる漁業のまち・蒋渕の風景

Qいつかは田舎暮らしをしたいという思いがあったんですか?

そうですね。妻の影響で、2人でキャンピングカーを買って全国を回って「いい土地があったら住みたいね」と話をしていましたから。妻は現在、京都にいて、ゆくゆくはこっちに来たいと言っています。遊んでいるのが嫌いな性格なので「私が蒋渕に来てできることを、あなたが先に探しておいてください」と言われています。妻は、京都では畑を借りて、野菜作りを一生懸命勉強しています。こっちに来ても、畑はあるので、いろんなものを作りたいと言っていますよ。

Q実際に蒋渕に移り住んでの印象は?

蒋渕はおもしろい人が多いですね。東京や大阪などに出ていて、蒋渕にUターンで戻ってこられた方が多くて、個性が豊か。面倒見もいいですね。今は独り暮らしをしているので「野菜はいらんか?」「魚はいらんか?」と、しょっちゅう持ってきてくれる。一度都会に出て、Uターンをされているので、話が合うんですよ。蒋渕での考え方が分かるし、都会での考え方も分かる。困った時にも相談できます。飲みニケーションが多いんです。時にはぶつかり合うこともありますが、本音と本音で言い合わないと分かり合えないし、それがストレス発散にもなる。前に進んでいくためのガソリン、起爆剤になります。

Q蒋渕に移住して驚いたことは?

みなさん、時間に豊かな生活をされていることに驚きました。都会に出ている人は時間に縛られているかもしれないけど、こちらの人は時間に束縛されない生活をしている。忙しい時はめいいっぱい働いて、遊ぶ時はめいいっぱい遊ぶ。メリハリがついた生活をしていると思います。それってうらやましいことですよね。それと、朝5時にサイレンが鳴ることにも驚きました。ウーンという音が大音量で鳴るんです。目覚まし時計代わりですね。みなさん、朝が早いし、夜も早い。僕もだいたい夜は9時半に寝るし、朝はサイレンとともに起きます。

Qこもねっとでの活動を教えてください

s_04_amemori
▲こもてらすの日替わりランチの一番人気・真鯛のバジルソース

週末、祝祭日は、こもてらすで加工品販売のお手伝いをさせてもらっています。観光客の道案内や接待、ホールボーイもしています。にぎやかし役として、お客さんに楽しんでいただければ、それが一番の幸せです。料理は真鯛やカンパチ、季節によって、モイカの一夜干しもありますし、5月になれば、幻のサバの刺身も登場予定です。すごく脂がのっていますよ。SNSとか、いろんなメディアで「蒋渕には京都から来た、変わったおじさんがいるよ。楽しいから行ってみて」とか「料理がおいしい」とかクチコミで広めていただいて。だんだん、リピーターが増えてくるのがうれしいですね。

Q雨森さんの陽気な性格が評判になっているのですね

s_05_amemori

そうですね。自他ともに認める、京都から来たヘンなおじさんです(笑)。こもねっとの歩く広告塔を目指して、楽しく仕事をし、お客さんにも喜んでもらえたら一番うれしい。それをきっかけに、蒋渕のことや蒋渕の魚を知ってもらって、僕というキャラクターに会いにきてくれるお客さんがいたら最高ですね。

Q蒋渕の一番の魅力は?

豊かな海、豊かな人、豊かな食物。京都にいたころには気づかなかったことですね。イベントなどを開催した時に海辺でバーベキューをして、みなさんにおいしいものを食べてもらうたびに、蒋渕の魅力を実感します。材料は持ってきてもらったり、生産者の方に分けてもらったり。野菜はいくらでもあるので。野菜も京都のものより、こっちのもののほうがおいしい。水もおいしいですね。 あと、夜がすばらしいですね。星や月がきれいで、天の川も見えます。空気もおいしい。僕はけっこうアレルギー体質で、稲とかの花粉症がきつかったんですけど、こっちに来てから不思議と出なくなったんです。体質が変わってきているのかな。夏は働いていたら、本当に真っ黒になるし、健康的な生活を送れる。やっぱり、自然がすばらしいですよね。宇和島にはすばらしいものがいっぱいあります。

s_06_amemori
▲こもてらすのデッキに設置されているベンチは蒋渕の海を独り占めできる特等席

Q休日はやはり、釣りを楽しんでいますか?

もちろん。それが生きがいで、こちらに来ましたから。平日も、朝、夕方に時間があればやります。冬場は日が昇るのが遅くて、朝釣りは仕事に間に合わないのでできないですが、夏なら仕事が終わった後も、2時間ぐらいは遊べます。冬は風が強いですけど、湾内は穏やかなので、釣りができます。チヌ釣りが好きですが、鯛やアジ、イカも釣れますし、いろんなものが釣れます。グレは蒋渕がメッカで、全日本選手権も開催されるほど。釣りに来た方に、こもてらすにも寄ってもらって、お昼を食べたり、コーヒーを飲んでくつろいで欲しいですね。

Q今後の目標を教えてください

s_07_amemori

蒋渕をもっと知ってもらいたいですね。そのための広告塔になれるなら、私は一生懸命頑張ります。それと、空き家が多くなってきているので、対策も考えていきたい。あと、県外から来られた方に、やすらぎの宿泊をしていただけるような場所を作りたい。県外での移住イベントにも参加したいですね。こもねっとにはプレゼンの上手な方がたくさんおられる。僕は新米なので、うまくプレゼンができるかどうか分からないですけど、実生活者としての経験を生かして、移住を考えている方に蒋渕の魅力を伝えることはできます。

Q蒋渕に移住を考えている方にアドバイスをお願いします

田舎に住もうと思うなら、自分をさらけ出してください、と言いたい。自分がオープンにならないと、人はオープンになってくれない。都会の生活に疲れたから田舎で暮らすというのは違うんじゃないかなと、僕は思います。それと、リスクも考えて動いてください。仕事を考えないといけないし、収入も変わってくる。でも、そのリスクは自分で消していけばいいことだし、頑張っていれば、地域の方も受け入れてくれると思います。自分がどれだけ頑張れるか、リスクを背負ってでも頑張れるのか。これを一番言いたい。気を張って来てくださいって言うしかない。気合を入れて移住を考えてくださいと。 そして、頑張って、頑張って疲れたら、話ができる仲間を増やしてほしい。地域に溶け込んで欲しいですね。まず、最初はあいさつから。最初はあいさつをしても「どこの誰だろう?」と思われることもあるかもしれません。そこから、どれだけ、みなさんに受け入れてもらい、仲良くしてもらえるように頑張れるかが大切ですね。

s_08_amemori
▲こもてらすの店内

PROFILE

移住先エリア

移住先周辺の地図であり、正確な場所ではありません。

雨森稔さん(51)
京都市出身。自動販売機設置業などを経て、2015年3月に宇和島市蒋渕にIターン移住。家族は妻・惠子さんと1男1女。

こもねっとHP
http://www.komo-net.com/

こもてらすHP
http://www.komo-net.com/komoterrace/

こもねっと こもてらすfacebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100009092663547&pnref=story

この記事の関連リンク

移住市町
宇和島市の紹介