愛媛で暮らそう!えひめ移住支援ポータルサイト e移住ネット

移住に関する お問い合わせ えひめ移住情報アラカルト
文字サイズ
  1. トップ
  2. イベント
  3. 【11月6日(金)】協力隊なる前セミナー「なる前…

イベント

移住フェア・セミナー終了しました

【11月6日(金)】協力隊なる前セミナー「なる前必須!自治体担当職員へのアポとヒアリング」

 2009年より始まった都市から地方への人の流れを促進する地域おこし協力隊制度。
現在では全国で活動している協力隊は6,000人とも言われている中で、募集内容の把握不足や募集自治体との意思疎通不足などによるミスマッチが原因で途中退職も増えています。1年目で辞める人は25%にもおよぶとの統計も!

 そこで、これから協力隊を目指す移住希望者を対象としたオンラインセミナー「協力隊なる前セミナー」を開催します!地域おこし協力隊アドバイザーや自治体職員を講師に迎え、地域おこし協力隊になってからでは遅い、応募前に学ぶべきことをお伝えしております。

 第1回テーマは「なる前必須!自治体担当職員へのアポとヒアリング」です!ランチタイムに気軽にご視聴ください。

 

協力隊なる前セミナー 第1回「なる前必須!自治体担当職員へのアポとヒアリング」

 日 時:2020年11月6日(金)12:10~12:50

 費 用:無料

視聴方法:特設サイトにてLIVE配信(アーカイブ配信もあり)

 講 師:(一社)えひめ暮らしネットワーク副代表
        今治市地域おこし協力隊OB  鍋島悠弥
     (一社)えひめ暮らしネットワーク参事
        伊予市地域おこし協力隊OB  本多正彦
     松野町ふるさと創生課係長      土居孝二郎

 

★後悔しないためのミスマッチを防ぐ方法を紹介します!

 愛媛県では、(一社)えひめ暮らしネットワークが協力隊のサポートをおこなっていますが、ミスマッチなどの事例は根本的な解決はできません。現役隊員やOBOGからも「なる前からこれがわかってたらよかったのに。。。」という声は後を立ちません。
 それが故に、応募前から制度や募集内容の把握、そして自治体との意思疎通をはかることが、ミスマッチの軽減や充実した活動へつながっていく秘訣になります。

 「自治体担当者にしっかり質問して確認をって言われるけど、何を質問していいかわからない」なんて方、このセミナーで地域おこし協力隊アドバイザーや自治体職員の話を聞いたらきっとモヤモヤが晴れますよ!

 「地域おこし協力隊って、なるまでとなってからのギャップが大きい!」なんて声もよく聞きます。なぜでしょう?それは事前に調べるだけではわかりにくい、なってみないとわからないことがたくさんあるからです。協力隊員の研修講師も務めるアドバイザーが「協力隊って実際こうなんです」をお伝えします!

 

★充実の講師陣も必見!

今回講師の2人の協力隊OBは、毎年総務省が主催している全国地域おこし協力隊初任者研修でも活躍している協力隊アドバイザーです。これ何と全国でも十数人しかいないうちの2人が揃って登壇しちゃいます!
また、行政マン代表として登壇する土居係長は、協力隊員からも行政担当者からもアニキと慕われ、愛媛県内のみならず中国四国エリアの協力隊や行政担当者から悩み相談の電話が絶えないという協力隊業界のカリスマ行政マン!
この豪華講師陣がトークセッション形式で協力隊のリアルをお伝えします。

自治体担当者に事前に確認しておくべきポイントは?などなど、協力隊を目指す方だけでなく協力隊に関心のある方も聞いておいて損のないオンラインセミナーです。
愛媛県の協力隊を検討されている方じゃなくても構いません。ランチタイムにスマホで手軽に情報収集してください。

 

主催:愛媛県

【問い合わせ】

えひめ暮らしネットワーク

info.ehime.nw@gmail.com